• 03-3577-4163

麻央さんが生前 BBCへ寄せた手記で

麻央さんが生前 BBCへ寄せた手記で

Pocket

 

麻央さんが生前 BBCへ寄せた手記で

「人の死は、病気であるかにかかわらず、いつ訪れるか分かりません。例えば、私が今死んだら、人はどう思うでしょうか。『まだ34歳の若さで、可哀想に』『小さな子供を残して、可哀想に』でしょうか?? 私は、そんなふうには思われたくありません。なぜなら、病気になったことが私の人生を代表する出来事ではないからです。私の人生は、夢を叶え、時に苦しみもがき、愛する人に出会い、2人の宝物を授かり、家族に愛され、愛した、色どり豊かな人生だからです。だから、与えられた時間を、病気の色だけに支配されることは、やめました。なりたい自分になる。人生をより色どり豊かなものにするために。だって、人生は一度きりだから」

と 綴られています

また 様々な方々が 人生は時間の長さではなく
どう生きたか? 内容の濃さや充実度? と言われますが

でも 34歳での別れは 早過ぎます

一般的には パートナーや家族にとっては ある程度長く一緒にいたいと思うのは普通ではないでしょうか?
日本人の平均寿命がこれだけの数字になっている現代では尚更だと…

 

海老蔵さんは 大切な方を失った とてつもない悲しみと苦しみの中にあって
これからの歩んでいかれる人生を想像すると 軽はずみに 「大変ですね 」などと言えません

でも 彼が言われたとおり 麻央さんは
いつもそばにいて 励まし 微笑んで見守ってくれていると…

そして たくさんの素敵な想い出と共に 過ぎていく時間が
少しでも悲しみを和らげてくれますようにと願うばかりです

Be-in

メッセージを残す